Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

世の中で大切なこと、どう振る舞うかということ

世の中で、どう振る舞うか、そう考えたときに大切なことが3つあります。

第一に、格好いいこと。

格好いいというのは、なにが格好いいのか直接定義しないけれども、社会的に好ましく、機能的でデザインも優れていて、一緒にいると得をした気分になれる、人が容易には真似することができない何かでしょう。結局は、大抵の人はこういう人が近くにいることを好みます。そういったフィードバックが返ってきます。また、なんといっても、自分自信も、なんとなく嬉しい。格好いいとは、そういう根源的な良さを含むものです。

 

第二に、他者に優しいこと

他者に優しくすれば、喜んでもらえる。これが一番です。ルールよりは、その人が嬉しいことを考える。それが一番大切なことだから。恩返しで優しくしてもらえるかもしれないそれは、おまけぐらいに考える。なにか勘違いされて返って意地悪されようとも優しくする。それは、自分自身にとって嬉しいことだから。

 

第三に、自分を律すること

しかし、自分については、できる範囲で厳しく律する。怒らない。嫌な感情を持たない、よくない言葉を使わない。大切なことです。

###############