Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ドイツ語と日本語で小説を書く多和田葉子さん

多和田葉子さんは、ドイツ語と日本語の両方で小説を書くという。

言語表現は言語によってかなりの制限をうけるから、

日本語にしろドイツ語にしろ多和田さんは、その言語特有の制限の枠の向こう側を

めざすのだという。

 

そんな話を聞くと、さもありそうな話だなあ、と思うより他はなく、

もちろん否定するわけでなく、むしろ肯定するものであるけれども、

到底その真髄を理解するための言語感覚をもちあわせていないことを

ますます気づかされる。